メンタルヘルス系のブログで影響力をつけるために「ABCオンライン」に入会しました。

このブログについて

プクの書いてるメンタルヘルス系の
ブログは、収益化に向いてないって
言われてるんだ。

それはね、googleとかyahooとかの
検索エンジンで上位に表示されるのが
難しいからなんだ。

お医者さんじゃない人の意見が
上位に来てしまったら、
危険ってことだと思うんだ。

でもね、プクはいろんな人の体験談を
知ることはとても大切って思ってるよ。

だから、できるだけたくさんの人に
読んでもらいたいって思ってるんだ。

今日はね、プクはよりたくさんの人に
このブログを読んでもらうために、
「ABCオンライン」に入会したっていう
お話をするよ。

どういうきっかけがあって、
他に入会を検討していたところより
どういうところに魅力を感じたか
っていうことをお話しするから

プクと同じように、
メンタルヘルスのブログを書いてて、
もっとたくさんの人に読んでもらうために
影響力を持ちたいっていう人は、
是非、最後まで見てくれると嬉しいな。

ABCオンラインを知ったきっかけ

プクがこのブログをはじめたのは
1年くらい前なんだけど、
プクとプカが仲良しでいられる
ことが目的だったんだ。

統合失調症のプカとの10年間を
記録することで、
頭の中が整理されて、
より良く寄り添える
ことができるようになったんだ。

もちろんプカの努力の成果でも
あるんだけど、
プカの症状はブログをはじめてから
劇的に回復していったんだよ。

だからね、プクにもみんなに伝えられる
ことがあるんじゃないかっていう自信
ができた反面、
人の人生を左右することを、
プクが語る資格があるんだろうか
っていう思いがずっと交差してたんだ。

何度もブログを書くことに挫折してきたんだ。

もうプカも元気になったんだし、
ブログを書くことはやめよう。
何度もそう思ったんだ。

でも、プクの心はずっと晴れなかったんだ。

そんなとき
2021年の正月に「えんとつ町のプペル」
っていう映画を見たんだ。

いろんなものを背負うから
強くなれるってことを感じたんだよ。

だからプクは統合失調症の偏見をなくす
っていうことを、
誰に頼まれたわけでもなく
背負うことにしたんだ。

そうして、下手くそな絵だけど
絵本を無料公開したり、
影響力を持ちたいって
半年くらい頑張ってきたよ。

でも、ここにきて
圧倒的、力不足を感じたんだ。

これまで、
ほとんど独学でやってきたけど、
誰かに教えてもらう必要性を感じたんだ。

そんなとき、
「挫折しているあなたは素晴らしい」
っていうヒトデ さんの言葉が胸に刺さったんだ。

そこから、ヒトデさんが主宰する
「ABCオンライン」を知って
入会しようって思ったんだ。

その動画もよかったら見てね。

他に入会を検討したオンラインサロン

プクは影響力を持つために
誰に教わろうかいろんなオンラインサロン
への入会を検討したよ。

西野亮廣エンタメ研究所

さっきお話しした、
「えんとつ町プペル」の作者
お笑い芸人の西野さんのサロンだよ。

会員数は日本一なんだって。

それだけの人を魅了する
ファンを作る力がここで
学べるんじゃないかなって
思ったんだ。

progress

こちらもお笑い芸人のオリエンタルラジオの
中田敦彦さんのオンラインサロンだよ。

プクはあっちゃんの「youtube大学」を
きっかけにYouTubeを見るようになったんだ。

カジサックさんと並んで
芸能人youtuberの道を作った人だよね。

だから、統合失調症の偏見をなくすっていう
非常識なことをやり遂げるマインド
を学べるんじゃないかなって思ったんだ。

FILLLLAGE

こちらもお笑い芸人、あっちゃんの
相方の藤森さんのオンラインサロンだよ。

オリエンタルランドの夢として
武道館でライブで行うっていう
のが素敵だなって思って注目するように
なったんだ。

このサロンでは、森の中にサウナを作るとか、
交流が濃厚なところが魅力的に感じたんだ。

プクは運命志向が強いから、
ここに入会したら素敵な出会いが
待ってる。
そんな気がしたんだ。

リベシティ

こちらはプクが毎朝見ている
YouTubeチャンネル「リベラルアーツ大学」
の両学長の運営するコミュニティだよ。

お金にまつわる力が身につくっていうのも
魅力だと思ったけど、
人生の価値観ととことん向き合える
コンテンツがあるっていうのが
いいなって思ったんだ。

ABCオンラインの入会の決め手になったこと

さっきお話ししたように、
どこで誰に教えてもらうか
ずっと悩んでいたんだ。

それでもずっと決め手がないまま
ずるずるしてたんだけど、

ABCオンラインに入会を決めたのは

・「月1万円を目指すブロガーのための超初心者講座」
っていうことがコンセプトだということと、

・主催者との距離が近いこと、

・ABCスペースというリアルの交流の場がある

っていう3つが決め手になったんだ。
それぞれお話ししていくね。

月1万円を目指すブロガーのための超初心者講座

プクはね、ブログに特化した
オンラインサロンには入るつもりは
実はなかったんだ。

だって、プクのジャンルは
収益化に向いていないって言われそう
だったからだよ。

でも、ヒトデさんは
どんなジャンルでも1万円なら
再現性があるって言ってるし、
収益化しなくても得られるものは
あるっていう考えなんだ。

そこにプクは共感したんだ。
その動画もよかったら見てね。

主催者との距離が近い

「ABCオンラインに入会すると」
チャットで主催者のヒトデ さんや
あと、もう1人のなかじさんに
質問できるんだ。

もちろん、会員同士の交流も
チャットを通じてできるよ。

そしてね、
入会してから3ヶ月で
主催者の人たちから
直接ブログを添削してくれる
っていうサービスがあるんだ。

プクは人見知りだから、
直接質問したり、
添削をお願いなんて
ひょっとしたらできないかも
しれない。

用意してくださった、
講座を見るだけかもしれない。

だけど、
どうしても分からなくて質問したくなった
ときに、気軽に質問できる環境って
いうのはとてもありがたいって思ってるよ。

この主催者の方との距離感が近さが
いいなって思ったんだ。

リアル交流の場が名古屋にある

プクは名古屋に住んでるんだ。

でね、この「ABCオンライン」の
リアルで交流できる場所が名古屋に
あるんだ。

これはかなり大きいよね。

あれ?さっき人見知りって
言ったじゃん。
って思ったかもしれないけど、
運命志向も強いんだ。

気の合う仲間と運命的に出会える
そんな期待があるんだ。

今はまだ、コロナとか
心の準備とかあるからすぐには
行けないけど、
いつか、必ず行ってみようと思う。

ABCスペースっていう場所だよ。
こちらもよかったら見て見てね。

ABCスペース

「ABCオンライン」入会について

もしここまで読んで、
「ABCオンライン」についてもっと
知りたいって人はこちらを見て見てね。

ブロガー、アフィリエイターのための通信講座「ABCオンライン」

もしこの記事読んで、入会したらコメントか
ツイッターか、入会後のチャットで
教えてね。

あと、入会するときに紹介者の名前
を記入するところがあるから
「プクとプカ」って書いてね。

みんなの記事もこのブログで紹介できたり
交流できればいいなって思ってるよ。

最初にも言ったけど、
メンタルヘルスで大切なことは
いろんな人の体験談を知ることだと
思ってるよ。

検索エンジンからは
お医者さんや役所の
HPしか見られないよ。

だから、みんなで結束して
統合失調症や、精神疾患を
みんなに知ってもらって
偏見をなくしていくように
一緒に頑張れたらって思ってるよ。

長文読んでいただき
ありがとうございました。

コメント

  1. プクさん、はじめまして。
    はじめて、コメントします。
    ブログ村にもエントリしているビタというものです。
    統合失調症と診断されて、26年になります。

    >それはね、googleとかyahooとかの検索エンジンで上位に表示されるのが難しいからなんだ。
    >お医者さんじゃない人の意見が上位に来てしまったら、危険ってことだと思うんだ。

    え?そうだったんだ。。そう思って、ちょっと調べてみました。
    (添付したサイトに、いくらか書いてもいます。)
    プクさんの書かれた通り、医師がチェックした「医学的に正しい」ものしか
    上位には表示されなくなっているようで、遅ればせながら、ちょっとビックリ。
    私にとって有意義な情報、ありがとうございましたm(__)m

    >でもね、プクはいろんな人の体験談を知ることはとても大切って思ってるよ。
    >だから、できるだけたくさんの人に読んでもらいたいって思ってるんだ。

    私もそうです。その意味でも、有意義な情報でした☆

    では、プクさん、これからもご健筆、期待しておりますね。
    突然の書き込み、失礼いたしましたm(__)m

    • ビタさん、はじめまして
      コメントありがとうございます。
      コメント欄にこの記事をご紹介いただき、ありがとうございます。

      こちらの記事も拝読させていただきました。
      https://pheasant2021.muragon.com

      ブログを書いて15年なんですね。大先輩です。
      肩の力を抜いて書いた記事の方が評判が高かったということがとても参考になりました。

      ブログ村でフォローさせていただきましたので、これからもよろしくお願いします。