続・プクのうつの話

プクのうつの話2

プクは大学受験のときにうつ病って
お医者さんに言われたよ。

でもその時の若いお医者さんが
「もう大丈夫だよ」って満面の笑み
で言ってくれて。
それだけで治った気がしたんだ。

それから、持ち直して
地元じゃいいところだねーって
言われる大学に入学できたよ。

それまで、何かやりたいと思っても
「大学に入ってからやりなさい!」って
ずっと言われてたんだ。

ロックンローラーになりたいなんて
思ってたこともあったんだけど、
いつしか大学生活を楽しむことが、
プクの夢になってたんだ。

だから、高校ではテニス部に入って
ほどほどに上手くなって
大学に入ったらテニスサークルに入って
モテまくろうって思ってたんだ。

それで、大学ではテニスサークルに入ったんだ。
でも予定通りにはいかなかったよ。

プクよりテニスの上手い人はいっぱいいたし、
怖そうな先輩もいっぱいいたんだ。

それでも、このサークルに入ろうって
決めたんだ。

プクはよく変わってるねって
言われてたんだけど、
このサークルではその個性が
上手く馴染める気がしたんだ。

コメント