プク
プク

「プカとの統合失調症の話1」では
プクとプカが出会ってから結婚するまでのお話をするよ!
統合失調症とどう向き合っていたか、お話しするね。

プカ
プカ

楽しんで見てね!

一喜一憂

プカとの統合失調症の話

もちろん、ずっと夜中にプカに会いに行く
生活はずっとは続かなかったよ。

プクはあまりに寝不足で仕事ができなくて
中華料理屋さんの仕事中に
泣いてしまったこともあったよ。

プカに会いに行く回数が減った代わりに
プクとプカはウィルコムの携帯電話を持って、
通話無料で夜は毎日話したよ。

プカの調子はよくなったり悪くなったりの繰り返しだったよ。

調子が良くなっては喜んで、
悪くなっては落胆しての連続だった。

プカはいるはずもない東京時代の知り合いや
親戚が近くにいるってことだけじゃなくて、

プクまで、そういう人たちと繋がってる
っていうことを言い出すことがあったんだ。

プクの知らないことに関しては
そういうこともあるかもしれないって
話を聞けたんだけど、

プクに関しては絶対に違うって
わかってるから、プクは何度も何度も
違うってことを説明したよ。

そういう苦労があったから、
調子がいいときに2人で楽しく過ごせた時間が
プクにとっては貴重に感じたんだ。

春に出会って、夏に付き合って、
もう冬になっていたよ。

ペアリングを買いに行ったり、
イルミネーションを見に行ったり、
クリスマスには山崎まさよしのライブに行ったんだ。

コメント