プク
プク

こんにちは。プクです。
奥さんのプカと仲良し。

今まで3回うつ病って診断されたことのあるプクが
統合失調症のプカとの10年間で
学んだことを発信していくね。

みんなが幸せになれるように、一緒に学んでいけたら嬉しいな!

 

つながりを深めるために、してあげること

社会の中の支え、サポートづくり

プクとプカは職場で出会いました。

休憩時間に仲良くなって一緒にドライブに行くようになったんだよ。

それでね、そのころのプカはとにかくとても情緒が不安定だったんだ。

プカが「統合失調症」ってわかったのはしばらく経ってからだけど、

プクのうつになった経験があるから、プカを救うことが使命だって感じてたんだ。

そうやってプカのために献身的になることはプクにとってとてもいい影響があったと思ってるよ。

プクがうつにならなくなったのはプカと出会ったことが大きいと思ってるんだ。


科学的根拠に基づいた精神疾患のリカバリープログラムのIMRのテキストに沿ってプクの体験談をお話しするね。

プクとプカが出会って、繋がりを深めるために、一緒に何かをしたり、してあげたことについてのお話しだよ。

誰かのために何かをしようって思ってる人の背中を押せればなって思ってます。

スポンサーリンク

相手の考えや気持ちを理解する

テキスト

一人ひとり経験も考えも異なります。

相手の考えや気持ちを理解するために、自分に「この人は何を考えているのだろうか?」「もし自分が相手の立場だったら、どう感じるだろうか?」と問いかけましょう。

IMR配布資料(ルーテル学院大学版)

プクの体験談

プカはひどい言葉をかけてプクを拒絶することがあったんだ。

でもプクはプカの気持ちになってなんでそういう言葉を発するのか考えたんだ。

それはね、きっと受け入れて欲しいっていう想いの裏返しだと思ったんだ。

一緒に何かをする

テキスト

一緒にできる活動をみつけて共に活動することは、とても意味のある経験となります。

共通の関心ごとがあることを示し、一緒にしてみましょう。

IMR配布資料(ルーテル学院大学版)

プクの体験談

プカはプクの誕生日にギターを買ってくれたんだ。

これで一緒にギターを弾いて、一緒の夢をつくろうって言ってたよ。

その時はなんでもできる気がしてたんだ。

でもね、そのギターは今はケースの中で眠ってるけどね。

すすんで歩み寄り、ゆずる

テキスト

つながりの深い関係であっても、常に自分の思い通りにすることはできません。

すすんで歩み寄り、ゆずることで、あなたが自分勝手ではなく、相手を気づかっていることを表します。

IMR配布資料(ルーテル学院大学版)

プクの体験談

プクが好きなバンドをあんまりプカは好きじゃなかったみたい。

好きになって欲しいなって思ったけど、プカの好きなアーティストをプクが聞くようにしたよ。

プカは斉藤和義が好きで、プクもカラオケで歌えるようになったんだ。

相手への気づかいを行動で伝える

テキスト

気づかいは言葉だけでなく、行動でも伝えらえます。

助けになってあげたり、思いがけなく喜ばせたり、自分の時間を割いて喜ばせることで、相手への気づかいを伝えることができます。

IMR配布資料(ルーテル学院大学版)

プクの体験談

プカの誕生日にケーキを作ったんだ。

ケーキを作るのは初めてで失敗しちゃたんだ。

オーブンに入れたら膨らむはずなのに、なぜかカチカチに縮んじゃったんだ。

それでも笑って食べてくれたよ。

そばにいて、手助けをする

テキスト

誰かのために「そばにいる」ということは、必要なときに助けてあげられるということです。

誰でも助けが必要なときがあります。

つながりを深めたい相手が助けを必要とするときに気づき、支えたり手伝うことは、あなたの気づかいを伝えるサインとなります。

IMR配布資料(ルーテル学院大学版)

プクは中華料理屋さんで仕事をしていたよ。

夜、仕事が終わってから油まみれになった状態でもプカに会いにいってたんだ。

プカがそばにいて欲しいっていうから、次の日朝早くても1時間かけてプカに会いにいってたんだ。

まともに寝ない状態で仕事に行ってたから、しんどくて職場で泣いちゃったこともあったな。

コメント