プク
プク

こんにちは。プクです。
今見てくれている「プクのうつの話」カテゴリーでは、
プクが18才ではじめてうつを発症するまでの生い立ちの話をするね。

プクはいろんな人の体験談を知ることが大切だって思ってるんだ。

だって、うつは特別なことではなく、

誰にでもなりうることだって思ってるけど、
うつになる人には共通の性格とか、
境遇があるのかも知れないからね。

 

プクのうつの話③ー幼少期(妄想)

プクのうつの話

プクは小さい頃、
少し大人びたところがあったかも知れない。

幼稚園のお泊まり会で、
周りのみんなは寝静まってるのに、
プク1人だけ起きていて、
体操座りしてた時があったよ。

プクの中に別の大人ががいて、
プクに話しかけてくるんだ。

「お腹が空いたら泣けばいいんだよ」とか。
「女湯に入れるなんて今のうちだけだぞ」とか。

それはプクが別の人格が自分の中にいるって
妄想をしていただけなのかもしれない。

妄想といえば、
プクは雲の上の天使に想いを馳せていたよ。

天使たちはルーレットで
人間を作っているんだ。

口はこれ、鼻はこれ、
性格はこれ、特技はこれ、

全て運任せのルーレット。

プクも天使たちによって作られたんだ。

天使がプクを作ったとき、
プクはがっかりしたのと、嬉しいのを両方感じたんだ。

そういう妄想をしたのかもしれないし、
そういう映画を見たのかもしれないし、
ひょっとしたら、前世の記憶が残ってるのかもしれない。

とにかくプクは小さい頃から
物思いにふけることがよくあったんだ。

コメント