プク
プク

こんにちは。プクです。
奥さんのプカと仲良し。

今まで3回うつ病って診断されたことのあるプクが
統合失調症のプカとの10年間で
学んだことを発信していくね。

みんなが幸せになれるように、一緒に学んでいけたら嬉しいな!

 

抗精神病薬の副作用ープカの10年以上の統合失調症の経緯と体験談

服薬をうまくする

統合失調症の治療に使われる、抗精神病薬の副作用についてのお話をするね。

プカは統合失調症が発症してから10年以上経つけど、

薬の治療を続けられているのはここ2年くらいなんだ。

今、大きな副作用は出ていないよ。

月に1回「エビリファイ注射400mg」を通院時に打ってるんだけど、

この治療法はデイケアの方からは比較的、副作用が少ないって教えてもらったんだ。

そこで今日は、

①今の治療法に至るまでのプカの10年以上の経緯、

→症状の程度が小さいから、副作用が少ないって訳ではないとプクは思ってるからお話しするよ。

②プカの副作用の体験談

→抗精神病薬を使用すると生じる副作用と生じなかった副作用のお話しをするよ。

③プカが治療を続けられた理由

→治療に否定的だったけど、前向きになれた理由についてお話しするよ。



統合失調症に対する付き合い方は人それぞれだとプクは思っています。

プカの経験はたくさんある統合失調症体験談の1つだよ。

治療に不安を持っている方が、いろんな人の体験談を知って、

少しでも納得できる治療のきっかけになってくれれば嬉しいです。

スポンサーリンク

今の治療法に至るまでのプカの10年以上の経緯

発症(2008年ー2009年頃)

プカが発症したのはプクと出会うちょっと前だよ。

夢を追って東京で1人暮らしをしてた時に発症したんだ。

ストレスがかかったことが発症の原因ってプカは言ってるよ。

実家に戻ってからお母さんと病院行ったけど、

お医者さんにはお母さんの方がおかしいよって言われたみたい。

東京にいた頃には妄想があったんだけどね。

詳しくはこちらを見てね。

出会い(2010年ー2011年頃)

プカは東京から地元に戻ってからは、しばらく症状は落ち着いてきたんだ。

プクとの出会いはそんなときだったんだよ。

プカは職場での人間関係に悩んで、プクに全てをさらけ出すようになったんだ。

この頃のプカは後の入院を考えるほど悪化したことを思えば、

ひどい症状ではなかったかもしれない。

通院せずにプクの力でプカを救おうって思ってたんだ。

この時に、プクとプカが症状を理解して、納得のいく治療を受けていれば

って思うこともあるよ。

この頃のことは、プカとつながりを深めるためにプクがどのように接していたかっていう

お話でも話したからよかったら見てね。

結婚初期(2012年ー2014年頃)

出会ってから1年半くらいでプクとプカは結婚したんだ。

この頃はちょっとプカが調子悪くなったりするのが1ヶ月おきってことに気づいたんだ。

プカは否定するんだけど、女性特有のリズムが関係してたんじゃないかなって思ってるよ。

プクの力でなんとかしようって思うことはなくなったんだけど、

治療をした方がいいんじゃないかって思ってたんだよ。

でも、通院するまでにはとっても苦労したんだ。

プクもこの当時は薬の治療に否定的な考えを持っていたから、

カウンセリング主体のところに通院したんだよ

この頃の話はこちらに詳しく書いたからよかったら見てね

悪化(2015年ー2017年頃)

プクはずっとフリーターだったんだけど、正社員で働くようになったんだ。

プクが忙しくなってプカに関心を示さなくなってしまったり、

いらいらしてつらくあたったりしてしまったことが原因だと思うんだけど、

入院を考えるほど症状が悪化したことが3回あったよ。

このときはいっぱい暴れてとても目を離すことができなかったんだ。

1回目は通院になったけど、薬が処方されてもあまり飲まなかったんだ。

2回目は割りと早く回復して通院もしなかったんだ。

結局、入院したのは3回目だけだよ。

こちらも詳しくは過去記事見てね。

退院後(2018年ー2020年頃)

退院してからは、陰性症状が続いたよ。

1年半くらいかな。

そこから回復期を迎えることができたんだけど、

春になったから元気になったのかもしれないし、

プクの接し方が良くなったのもよかったのかなって思ってるよ。

ブログを書きはじめたのもこの頃だね。

入院した病院に通院して、月に1回注射を打ってるよ。

陰性症状とプクの接し方はこちらの記事を読んでね。

プカの副作用の体験談

注意が必要な副作用

薬物アレルギー

プク
プク

皮膚や粘膜に赤いブツブツや水疱ができるみたいだけど、あった?

プカ
プカ

ないな。知り合いでも聞いたことないな。

悪性症候群

プク
プク

40℃以上の発熱、発汗、体のこわばり、意識障害のことだよ。

プカ
プカ

これもないな。

水中毒

プク
プク

何ℓもの水を飲み、血液が薄くなり、疲労感・頭痛・吐き気が起きる

プカ
プカ

入院しているときに、頭痛の副作用があって、薬を変えてもらったよ。

でも何ℓも水を飲んだ訳じゃないから、

別の薬の副作用だったかもね。

詳しく覚えてないけど、何種類か薬飲んでたから。

眠気・だるさ

プク
プク

これは、あった?

プカ
プカ

やる気が出ないことがあったよ。

プク
プク

この前病院でやった「家族心理教育プログラム」で

副作用か陰性症状か見分けはつきますかって質問したんだけど、

難しいって言われたよ。

プカ
プカ

プカも難しいと思うよ。

当事者会のLineグループでも副作用か陰性症状かわからないって話したことあるよ。

プク
プク

そっか。プカの入ってる当事者グループについてはこちらを読んでね

自律神経の副作用

プク
プク

口が渇く、便秘がちになる、立ちくらみ、目の焦点が合わない、尿が出にくい、というのがあるよ。

プカ
プカ

プカにはないな。

IMRプログラムにこの副作用がある人がいたよ。

何の精神疾患を患っていたかはわからないけど、

プク
プク

これは抗うつ薬の副作用にもあったよね。

こちらも見てね。

プク
プク

あとIMRっていうのはプカが通っている

精神疾患リカバリーのためのプログラムのことだよ。

今書いている記事もこのIMRプログラムで使っているテキストを元に進めているんだよ。

パーキンソン様症状

プク
プク

手足が震える、体が自然にこわばったり、つっぱる、そわそわしてじっとしていられない、姿勢が悪く前かがみになる。

プカ
プカ

プカにはないよ。

IMRプログラムのメンバーに手が震える人がいるし、

そわそわするっていうのは入院したときに一緒だった人がそうだったな。

ホルモンの働きの副作用

プク
プク

性欲低下、生理不順だよ。

プカ
プカ

プカは生理不順だけど、

血液検査で薬は関係ないって結果が出たよ。

プク
プク

プカが生理不順のことを主治医の先生に相談したんだよね。

プカ
プカ

うん。

プク
プク

どんなふうにお医者さんに質問するといいかはこちらを見てね。

遅発性ジスキネジア

プク
プク

体の勝手な動き、口がもぐもぐ動く、舌が勝手に動く、ってことがあるよ。

プカ
プカ

プカにもないし、プカの周りにもいないよ。

体重の増加・糖尿病・高血圧症

プク
プク

これはある?

プカ
プカ

プカは体重が増加しすぎちゃって、

でも薬を飲みはじめてからの話じゃないから、

薬のせいではないって思ってるよ。

プク
プク

お医者さんには相談した?

プカ
プカ

うん。

通院してから、クエチアピンっていう抗精神病薬もずっと飲んでたんだけど、

体重の相談したら、なくなったよ。

プク
プク

それで今は注射だけになったんだね、

プカ
プカ

うん。睡眠薬は飲んでるけどね。

プカが治療を続けられた理由

「隔離」の経験が辛かったから

プカは入院したとき、はじめは「隔離」を経験したんだ。

プクはそのときのプカに会えなかったんだけど、

壁しかない部屋で誰ともコミュニケーションがとれなかったんだって。

そこでの経験がとっても怖かったから、

もう2度とこの部屋には入りたくないって思って、

治療をしようって思うようになったんだよ。

薬の治療に対して否定的な考えから肯定的になったから

通院してて、大分良くなってきたけど、

プカはお医者さんからは治療はやめない方針って言われたんだ。

これからもずっと治療を続けていくことにプカは抵抗があったんだ。

でもプカは病院で開かれている、「統合失調症教室」とか「IMRプログラム」に通って、

症状について学んで治療を続けた方がいいって思うようになったんだよ。

プクも薬の治療に関してはつい最近まで否定的だったんだよ。

この辺りについてこの記事に詳しく書いてあるよ。

お医者さんの立場から、何で薬の治療に否定的になってしまうのか

って解説している動画もよかったら見てね。

精神科 の闇 第2弾 ! 精神科に行くと薬漬けにされる? の真実!

主治医の先生といい関係が築けているから

プカは今、不安に思ったことをお医者さんに話してるんだ。

血液検査で副作用があるか調ベてくれたりして、

プカは安心して治療をしてるんだ。

プクは精神科に通ってたときはそんな関係を気づけなかったし、

プカの周りでも主治医の先生と相性が合わないって話はよく聞くみたい。

一番最初にいい先生に巡り合えればいいけどね。

プクとプカも主治医の先生とのお話はこちらを読んでね。

おわりに

とっても長くなったけど、最後まで読んでくれてありがとう!

簡単にまとめると、

プカが統合失調症を発症してから10年以上だけど、

薬によって治療できたのここ2年くらいで、

副作用はほとんどないよ。

主治医の先生と副作用についていつでも相談できるから、

プカは安心して治療を続けているんだよ。



プカが陰性症状だったときからはじめてブログだけど、

これまでのまとめみたいな記事になったと思うよ。

グーグルで精神疾患の体験談を検索しても

お医者さんの意見ばかりで、患者さん目線のものはほとんど出てこないよ。

1人の偏った意見っていうのは確かに危険だけど、

いろんな人の体験談に触れるのが、

プクは納得した治療の近道じゃないかなって思ってるんだ。

だから、もしこの記事がいいなって思った方は、

Twitterのフォローとこの記事のシェアーをしてくれると嬉しいな。

もちろんブログ村の『ポチ』ボタンも励みになるよ。

これからもみんなと一緒に頑張っていきたいな!!

コメント